蓮根と手羽の炒めもの 揚げてからからめる甘酢の黄金比が味の決め手!

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2015年12月8日(火)放送の
上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

今日は中国料理の宮崎先生による、

「蓮根と手羽の炒めもの」

炒め物と言っても揚げてから甘酢にからめる、

子どもも好きなおかずです。

 

 

スポンサーリンク

 

蓮根と手羽の炒めもの

甘酢の割合をマスターして、チャチャッと作り

忙しいときの定番おかずにしちゃいましょう!

 

材料(2人分)

 

れんこん・・・200g
かたくり粉・・・大さじ1と1/2

手羽中(半分に切ったもの)・・・12本

ごま油・・・小さじ1

 

甘酢

しょうゆ・・・大さじ2と1/3

砂糖・・・大さじ2

酢・・・大さじ2

 

A(手羽中の下味)

塩・・・小さじ1/4

こしょう・・・適量

かたくり粉・・・小さじ2

 

揚げ油

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

1・材料と甘酢を準備

 

れんこんは皮をむいて6~7㎝長さで

1.5cm角の棒状に切り、水につける。

 

ポイント!

手羽中と同じ大きさに揃えて切ることで

統一感が出る。

色が変わらないように水につけておく。

 

甘酢の調味料を合わせる。

砂糖をよく溶かすようによく混ぜておく。

 

手羽中はAの塩、こしょうをふり、

片栗粉を薄くまぶす。

 

水につけておいたれんこんの水気を軽く切り、

分量のかたくり粉をしっかりと

全体にまんべんなくまぶす。

 

2・揚げる

 

170℃の油で手羽中を先に揚げはじめ、

手羽中がうっすりと色づいたころに、

れんこんも入れて香ばしく色づいたら

一緒に取り出す。

 

3・甘酢をからめる

 

中華鍋かフライパンに合わせておいた甘酢を入れて、

全体に泡が立って少しトロッとするくらいまで熱し、

揚げて取り出しておいた手羽中とれんこんを入れ

からめる。

仕上げにごま油を加えてざっとからめて

皿に盛る。

 

 

ひとこと!

 

忙しい食事の支度の時に、

他の作業をしながら作れるお助けおかずですね。

 

手羽中は、特売の時にまとめて買って

小分けして冷凍しておくと、

忙しいときにとても便利に使えます。

 

蓮根がないときはゴボウで代用しても

同じようにおいしくいただけますし、

にんじんを入れてもいいですね。

 

簡単なおかずですが

ボリュームがありとても豪華に見えます。

甘酢に唐辛子か豆板醤を入れても

ピリッとおいしいおつまみになりますよ。

 

来客時にも役に立ちますね。

ぜひ、この甘酢の割合は、

他のものにも使えますので、

覚えておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー