坂本昌行 牡蠣の酸辣湯鍋のレシピ 黒酢を効かせて酸っぱい辛いスープでポカポカ♪

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kaki

 

2015年12月11日(金)放送の、

ノンストップ。

NONSTOP!ESSE エッセ

OneDish ワンディッシュのコーナーでは、

V6の坂本昌行が

「カキの酸辣湯鍋」を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

ミルキーな牡蠣を、酸っぱい辛いスープで

いただく酸辣湯鍋は

身体が芯から温まる、冬におすすめの鍋です。

 

牡蠣は焼いてから入れることで

香ばしさが増してうま味も閉じ込められます。

黒酢を使うことで深みのある味わいになりますよ。

 

 

カキの酸辣湯鍋

 

材料(2~3人分)

 

牡蠣・・・12個

塩、白コショウ・・・各適量

薄力粉・・・大さじ2

ごま油・・・大さじ1と1/2

ニンニクの芽・・・1束

 

A

水・・・4カップ

顆粒鶏がらスープの素・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1

塩・・・小さじ1

 

春雨・・・40g

白菜・・・1/4個

長ネギ・・・1本

黒酢・・・80㏄

 

B

かたくり粉・・・大さじ1

水・・・大さじ1

 

卵・・・2個

豆腐(絹ごし)・・・1/2丁

白コショウ・・・小さじ1/2

ラー油・・・適量

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

材料の準備をする。

牡蠣は塩と片栗粉でやさしくもみ、

汚れを水で洗い流す。

 

ニンニクの芽は6㎝長さに切る。

春雨は水でさっと洗っておく。

長ネギは6㎝の長さにし、十文字に

4等分に切る。

 

卵は溶きほぐす。

豆腐は拍子切りにしておく。

 

 

牡蠣はペーパータオルなどで水けをふき、

塩、コショウをふって薄力粉をまぶす。

 

フライパンにごま油を熱し、薄力粉をまぶした牡蠣

を入れて焼く。

焼き色がついたら裏返し、

ニンニクの芽を入れて一緒に焼き、

一度取り出す。

 

土鍋(7~8号)にAを入れて強火にかける。

煮立ったら春雨、白菜の芯を加える。

再び煮立ったら火を弱め、

フタをして10分ほど煮る。

 

焼いておいた牡蠣と長ネギ、白菜の葉を

加えて5分ほど煮、黒酢とBを合わせた

水溶き片栗粉を加えて混ぜる。

 

とろみがついたら卵を回し入れゆっくりと混ぜる。

 

最後に豆腐とにんにくの芽を入れ、

コショウを加えて混ぜ、仕上げに

ラー油をまわし入れる。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー