照り焼きロールチキン 坂本昌行が生ハムを使った年末年始の豪華なおもてなしレシピを紹介

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

2015年12月25日(金)の

フジテレビノンストップ。

きょうのNONSTOP!ESSEエッセは、

V6坂本昌行さんのOneDish。

今年最後のワンディッシュのレシピは、

「照り焼きロールチキン」です。

 

 

スポンサーリンク



 

チーズと生ハムを使い、

鶏肉で野菜をまいたひと皿は、

見た目も華やかでお正月にもピッタリですね。

 

 

照り焼きロールチキン

 

材料(2本分)

 

鶏もも肉・・・大2枚

塩・・・適量

人参・・・1本

じゃがいも・・・大1個(皮をむく)

プロセスチーズ・・・約50g

インゲン・・・4本(ヘタと筋を除く)

生ハム・・・4枚

サラダ油・・・小さじ1

 

A

酒・・・大さじ2

みりん・・・大さじ2

しょうゆ・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ1

 

スポンサーリンク



 

作り方

 

鶏肉は両面に軽く塩をまぶし、

厚い部分に切り目を入れて

厚みを均等にならす。

 

人参、じゃがいも、チーズは

それぞれ8㎜角の棒状に切り、

鶏肉の横幅の長さの2倍分用意しておく。

 

鍋に湯を沸かして塩を入れ、

にんじんとじゃがいも、いんげんを入れて

サッとゆでる。

粗熱を取り水気を除く。

 

鶏肉の皮を下にして広げて、

生ハム2枚をのせ、

その上に野菜を横に2つずつ並べる。

 

野菜の長さが鶏肉の横幅より短いため、

同じ野菜を2本横に渡していく。

チーズも同様に並べる。

 

生ハム、野菜、チーズをのせたとり肉を、

端からクルクルと巻く。

鶏肉をまいたらタコ糸でしっかりと縛る。

もうひとつも同様に作る。

 

フライパンにサラダ油を熱して、

鶏肉のとじ目を下にして入れ、

全面に焼き色がつくまで焼く。

フタをして弱めの中火で10分ほど

時々転がしながら焼いていく。

 

フタを外して、

余分な脂をペーパータオルでのぞき、

強火にしてAを加えて

とろみがつくまで煮詰めて煮からめる。

 

取り出して粗熱を取り、タコ糸を除く。

1㎝の厚さに切って器に盛り、

フライパンに残っているたれをかける。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー