柚の香豚しゃぶのレシピ 煮干しだしを使い柚子の香りが決め手のサッパリ豚しゃぶの作り方

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年1月11日(月)放送の、

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

今週のテーマは旬のクッキング「やっぱりお鍋」。

今日は日本料理の岡本先生が、

柚子の香りを効かせた豚しゃぶ

「柚の香豚しゃぶ」を紹介してくれました。

 

 

スポンサーリンク




煮干しでだしを取り黒コショウでいただく

柚子の豚しゃぶを、今までとはちょっと違った味で、

ピリッとサッパリと食べてみてくださいね。

 

 

柚の香豚しゃぶ

 

材料(2人分)

 

柚子・・・1個

豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g

えのきだけ・・・100g

水菜・・・100g

カブ・・・2個

くずきり・・・30g

 

鍋だし

煮干し・・・50g

昆布・・・5g

水・・・1.2L

塩・・・小さじ1

うす口しょうゆ・・・大さじ1と1/2

 

黒コショウ

 

スポンサーリンク



 

作り方

 

1・鍋だしの準備

 

鍋だしの煮干しは頭と腹を取り除き、

あとで取り出しやすいようにお茶パックに入れる。

 

2・具を準備する

 

柚子は皮ごと5㎜の厚さの輪切りにして、

種を取り除いておく。

 

カブは皮をむいて縦半分に切り、

横に5㎜厚さに切る。

 

エノキダケは石づきを落として

取り除く。

 

水菜は5㎝長さに切る。

くずきりは水につけて戻しておく。

 

3・煮る

 

土鍋に鍋だしの水、下ごしらえをして

お茶パックに入れた煮干し、

昆布を火にかけて、

煮立ったら弱火にして15分煮る。

 

昆布、煮干しを取出し、

塩、うす口しょうゆを加え、

柚子を入れて1~2分煮る。

ここでは軽く煮て柚子の香りをだしに移す。

 

カブ、エノキダケ、水菜、くずきりの順に加えて、

豚肉にさっと火を通す。

 

豚肉は食卓でくぐらせながら食べるとよい。

 

好みで黒コショウをかけていただく。

 

 

野菜はほかのものでもよいが、

火の通りやすいものを使って。

このお鍋は煮干しだしがとても合うため、

ぜひ煮干しだしを使ってくださいね。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー