ポリ袋みその作り方 みそチーズ ピリ辛肉みそ みそ玉のレシピ 発酵パワーを手作りで

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kyonoryouri

 

2016年1月18日(月)、19日(火)の

NHKきょうの料理では、

荻野恭子先生がポリ袋でみそを作るレシピを

教えてくれました。

 

近年健康への関心から注目されている

「手作りみそ」

しかし、味噌を作るためには、大きな樽や

味噌を寝かせる場所が必要など、

なかなか一般家庭で作るのはおっくうになりがちです。

 

 

スポンサーリンク



 

今回、荻野恭子先生が紹介してくれたのは、

ポリ袋で簡単に少量のみそを作る方法です。

大きな樽も保管場所も必要ないので、

簡単にチャレンジできます。

 

みそは、発酵食品の中でもとりわけ抗酸化力が強い

食品です。

毎日とり続けることで自然に抗酸化力が

アップします。

 

味噌作りだけでなく、

作ったみその活用方法も紹介してくれました。

ぜひこの機会に、お家で味噌作りを

楽しんでください。

 

 

ポリ袋みそ

 

材料(作りやすい分量)

 

大豆(乾)・・・250g

米麹(生)・・・250g

粗塩・・・125g

 

みその材料の割合

大豆:米麹:塩

1:1:0.5

この割合を基準に作りたい分量で。

 

米麹

蒸した米にこうじ菌を繁殖させたもの。

近年流行った「塩こうじ」も、この米麹を使う。

スーパーで比較的簡単に手に入るが、

近くにない場合はネットでも購入できる。

 

味噌つくりの材料がすべて揃う

 

 

作り方

 

大豆をボウルに入れ、熱湯をかぶるくらいに注ぐ。

すぐに大豆をザルに上げて湯を切る。

 

大豆を鍋に入れ、たっぷりの水を注いで強火で煮立て、

弱めの中火にして約3時間茹でる。

途中、水が少なくなったら水適量を加える。

茹であがったら湯を切り、

ゆで汁はカップ1をとっておく。

 

食品用のポリ袋(大)を2枚重ねて二重にし、

大豆が熱いうちに入れる。

袋の上から麺棒などで押さえ、

大豆をなめらかにつぶす。

麺棒を押し付けながら転がすようにすると

つぶれやすいが、多少の粒は残っていてもよい。

 

二重にしているポリ袋の外側1枚をはずし、

その中に米麹、粗塩を入れて袋の上からもみ、

よく混ぜる。

 

つぶした大豆がひと肌まで冷めたら、

大豆の袋の中に麹と塩を混ぜたものを入れて、

袋の上からよく揉んで混ぜ合わせる。

★大豆がまだ熱いとこうじ菌が死んでしまうため、

必ずひと肌まで冷めてからあわせましょう!!

 

米麹と塩を混ぜた袋を再度大豆の袋に重ねて

二重にし、とっておいたゆで汁(ひと肌に冷めたもの)を

少しづつ加える。

途中、袋の上からもんで混ぜながら

もったりとなるまで加減しながら加える。

★あまりゆるくならないように注意しましょう。

 

内側のポリ服の上から豆を押さえて空気を抜き、

袋の口を結ぶ。

続けて外側のポリ袋の空気を抜いて口を結ぶ。

 

バットなどにポリ袋ごと入れ、

日の当たらない涼しい場所に置く。

5~6か月間(夏は4~5か月)おいて発酵させる。

 

途中で月に1~2回、袋の口をあけて空気を入れ、

袋の上から上下を返すようにもんで混ぜる(天地返し)。

袋の中のみその上下を返すことで、

発酵が均一に進み風味も増す。

揉み終わったら空気を抜いて再び口を結び、

元の場所に置く。

 

室温が高いと発酵が進み、袋がパンパンになることがある。

その際には袋の口は結ばずに、

ゴミが入らない程度に口を軽く巻いておく。

 

発酵が進んで味噌から水分が出てきたら、

ポリ袋の上からもんで混ぜる。

この水分を「たまり」といい、

うま味成分がたっぷりの調味料。

醤油としても使える。

 

味噌ができたら、それ以上発酵が進まないように

冷蔵庫で保存する。

発酵しすぎると酸っぱい香りになる。

程よい好みのみその香りがしていたら

できあがりとなる。

 

スポンサーリンク



 

ピリ辛肉みそ

 

一味唐辛子が効いた肉みそは、

常備しておけば手軽に中華料理が楽しめます。

 

材料(作りやすい分量)

 

合いびき肉・・・200g

 

A

ポリ袋みそ・・・200g

酒・・・カップ1/4

ニンニク(すりおろす)・・・小さじ1

しょうが(すりおろす)・・・小さじ1

白すりごま・・・小さじ1

一味唐辛子・・・小さじ1/2~1

花椒(ホワジャオ)・・・小さじ1/2~1

 

 

作り方

 

鍋かフライパンに合いびき肉を入れ、

中火でよく炒める。

 

Aを加えて混ぜ、肉に火が通るまで炒める。

火から下ろして粗熱を取り、保存容器に入れる。

冷蔵庫で約1週間保存可能。

 

汁なし坦々麺、麻婆豆腐などに使える。

そのまま熱々のご飯にのせていただいても美味。

 

 

 

みそチーズ

 

チーズのお手軽みそ漬け。

ダブル発酵食品で好相性の組み合わせの

みそとチーズはパワー全開に。

 

材料(作りやすい分量)

 

モッツァレラチーズ・・・100g

 

A

ポリ袋みそ・・・100g

砂糖・・・大さじ1

牛乳・・・大さじ1

 

 

作り方

 

モッツァレラチーズをひと口大に切る。

 

Aを混ぜ合わせてモッツァレラチーズを和え、

保存容器に入れる。

冷蔵庫で約1週間保存可能。

 

つまみにもなり、

パンの上にのせて焼いたり、

ふかしたじゃがいもと一緒に、

軽くトースターで焼いても。

 

 

みそ玉3種

 

常備しておけば、

ポンとお椀に入れて熱湯を注ぐだけで

簡単に味噌汁ができあがります。

見た目にもかわいいですね。

夜に用意しておけば、朝バタバタしなくて済みます。

 

 

材料(各1個分)

 

のりみそ玉

焼き海苔(全形)・・・1/4枚

削り節・ポリ袋みそ・・・各大さじ1

細ねぎ(小口切り)・・・小さじ1

 

とろろ昆布みそ玉

とろろ昆布・・・軽く1つかみ(1g)

削り節・ポリ袋みそ・・・各大さじ1

白ごま・・・小さじ1/2

 

チーズみそ玉

スライスチーズ・・・1枚

削り節・ポリ袋みそ・・・各大さじ1

カットわかめ(乾)・・・少々

 

 

作り方

 

それぞれラップに焼き海苔、とろろ昆布、

スライスチーズをのせる。

 

それぞれ残りの材料を順にのせ、

ラップごと茶巾包みにする。

 

冷蔵庫で3~4日間保存可能。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー