鶏もも肉とカブの焼きびたし なすび亭吉岡シェフのまかないレシピはミカンの香りがほんのりと

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

2016年2月1日(月)のフジテレビノンストップ。

NONSTOP!ESSEエッセのコーナー、

行列シェフのまかない・家ごはんでは、

「なすび亭」の吉岡シェフが

「鶏モモ肉とカブの焼きびたし」

紹介しました。

 

スポンサーリンク



 

和食でよく使われる柚子を

ミカンで代用。

フワッとミカンの香りが広がり、

やさしい味の煮ものになります。

さらに、しょうゆ、みりん、酒を同量合わせる

「三同割(さんどうわり)」という黄金比率も公開。

煮魚等の和食に使える黄金比率です。

 

 

なすび亭 吉岡英尋(ひでひろ)シェフ

 

伊豆のつるやホテルで修業後、

数々の和食の名店で経験を重ねる。

2000年に東京・恵比寿に「なすび亭」を開店。

カジュアルに食べれる本格和食店として、

予約が取れない人気店。

 

旬の有機野菜や天然の魚を使ったコース料理に

ファンが多い。

 

☆「なすび亭」は再開発で移転のため、

一時休業しています。

新・なすび亭開店までは、

「こなす亭」として下記の場所にて営業中。

 

 

なすび亭(こなす亭) 店舗情報

 

電話番号

03-6450-2677

 

住所
東京都渋谷区恵比寿2-12-16

 

アクセス

恵比寿駅東口より徒歩7分


営業時間

18:00~23:00

 

定休日

日曜、祝日

 

スポンサーリンク



 

鶏モモ肉とカブの焼きびたし

 

和風の焼きびたしなのに、

バターがほんのりと香り、

ミカンのすがすがしさも加わったおかずです。

ミカンは皮をすりおろすため、

できれば無農薬のものを使ってくださいね。

 

 

材料(2人分)

 

鶏モモ肉(ひと口大に切る)・・・1枚

カブ(1個は一口大に切る)・・・2個

ミカンの皮・・・適量

塩・・・少々

サラダ油・・・少々

長ネギ(斜め薄切り)・・・1/2本

 

A

しょうゆ・・・大さじ2

酒・・・大さじ2

みりん・・・大さじ2

 

バター・・・3g

かぶの葉・・・適量

 

 

作り方

 

かぶの葉はさっとゆでて刻んでおく。

 

バットにみかんの皮をすりおろし、

続けてカブ1個をすりおろしてザルに上げ、

水けを切る。

 

鶏肉には軽く塩をふっておく。

 

フライパンにサラダ油を熱し、

鶏肉とくし形に切ったカブを入れ、

両面に焼き色を付ける。

 

そこに長ネギを加えて

油がまわったら合わせたAを加えて

2~3分煮る。

 

仕上げにバターを加えて煮からめ、

器に盛って煮汁をかける。

 

上にみかんおろしをのせて、

かぶの葉とすりおろしたミカンの皮少々を

散らす。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー