ブリの中華風揚げ浸し 柚子の香りをアクセントにサッパリといただくイチオシレシピ

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年2月9日(火)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

今日は中国料理の宮崎先生が、

「ブリの中華風揚げ浸し」を紹介しました。

 

いつもの照り焼きではなく、

ちょっとオシャレな揚げ浸しは、

柚子の香りが口いっぱいに広がる

さわやかメニューです。

 

スポンサーリンク




ごま油を入れるだけで

ガラッと中華風に変わります。

作り方も簡単ですので、

ぜひ今晩のおかずにしたいですね。

 

 

ブリの中華風揚げ浸し

 

材料(2人分)

 

ぶり・・・200g

柚子・・・1個

長ネギ・・・1/2本

 

A(漬け込み調味料)

酢・・・大さじ3

醤油・・・大さじ4

砂糖・・・大さじ4

ごま油・・・小さじ1/2

 

かたくり粉、揚げ油

 

スポンサーリンク



 

作り方

 

1・材料を準備する

 

ブリは厚めの1.5㎝幅に切る。

長ネギは縦半分に切ってから斜め2㎜幅に切る。

柚子は皮ごと5㎜幅の輪切りにしてタネを取る。

 

2・漬けこみ調味料を作る

 

Aを合わせて柚子を加える。

 

 

3・揚げる

 

ブリの表面に薄く片栗粉をまぶし、

180℃の揚げ油で揚げる。

高温で香ばしく上げることがコツ。

 

 

4・漬ける

 

ブリが熱いうちにつけ汁に入れ、

柚子、つけ汁ごと袋に移して長ネギを加え、

空気を抜いて15分ほどおく。

 

漬けるときには全体が調味料につかるように

袋に入れて、

きゅっと押さえて空気抜きをする。

 

 

たったこれだけの手間ですが、

いつもとはガラッとかわった

中華風の揚げ浸しになります。

柚子を入れるため油っぽく感じずに

さわやかに食べられます。

 

つけ汁に豆板醤を少量加えても、

ピリッと辛さがきいておいしいですね。

 

ご飯がすすむ旬のおかずになります。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー