タラと大根もちのネギあんかけと洋風だしのまかないレシピ 六本木ル スプートニク高橋シェフの作り方

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

フジテレビノンストップの人気コーナー、

NONSTOP!ESSEエッセ。

今日、2月22日(月)の

行列シェフのまかない家ごはんは、

「ル スプートニク」の高橋シェフ

「タラと大根もちのネギあんかけ」を紹介。

 

さらになかなか家庭では難しいと思っていた

「洋風だし」の簡単な作り方も

教えてくれました。

 

スポンサーリンク



 

洋風だしと言っても和洋中に使えます。

作っておくととても便利ですよ。

 

ル スプートニク 高橋雄二郎シェフ

 

数々の有名店やミシュランの星つきレストランで修業後、

代官山の「ル・ジュー・ドゥー・ラシェット」の料理長を経て、

2015年7月、六本木に「ル スプートニク」をオープン。

 

開店からわずか5か月でミシュラン1ツ星を獲得したという、

ルスプートニクは、フランス料理の伝統を守りながら、

日本の食材を使い日本人に合う料理を考案、提供している。

和を取り入れたフランス料理として注目を集める人気店。

 

 

ル スプートニク

 

住所

東京都港区六本木7-9-9

リッモーネ六本木1F

 

電話番号

03-6434-7080

 

営業時間

12:00~15:30(LO13:00)

18:00~23:00(LO20:30)

 

定休日

月曜

 

 

タラと大根もちのネギあんかけ

 

材料(2人分)

 

生タラ(切り身・半分に切る)・・・2切れ

大根(皮をむいてすりおろす)・・・1/6本(180g)

洋風だし(下記参照)・・・170ml

(市販の洋風だしを湯でといてもOK)

かたくり粉・・・1/2カップ

オリーブオイル・・・適量

長ネギか万能ねぎ(1㎜長さの小口切り)・・・1本

 

A

水・・・大さじ2

かたくり粉・・・大さじ1

 

柚子の皮(すりおろす)・・・少々

 

スポンサーリンク



 

作り方

 

大根もちを作る。

洋風だし90ml、大根おろし、片栗粉を

ボウルに入れてまぜ、

鍋にうつし、木べらで混ぜながら5分ほど中火にかける。

 

粗熱が取れたらラップを敷いたバットに流し入れ、

冷蔵庫に入れて2時間ほど冷やし固めたあと、

1.5㎝角~6㎝長さの拍子木切りにする。

 

できあがった大根もちとタラにかたくり粉(分量外)をまぶす。

 

フライパンにオリーブオイルを熱し、

かたくり粉をつけた大根もちとタラを入れて、

全面に焼き色を付ける。

 

小鍋に洋風だし80mlとねぎを入れて火にかける。

ひと煮立ちしたら火を止めて、Aを合わせた

水溶き片栗粉を、様子を見ながら加えて

とろみをつける。

 

器に焼いた大根もちを並べ、

その上にタラをのせる。

上からネギあんをたっぷりとまわしかけ、

柚子の皮を散らしていただく。

 

 

洋風だし

 

材料(作りやすい分量)

 

水・・・5カップ

魚のアラ(なければ骨や身で)・・・300g

ベーコン・・・30g

トマト・・・1/2個

にんにく・・・1かけ

 

作り方

 

トマトはヘタを除いてざく切りに、

ニンニクは包丁の背でつぶしておく。

 

鍋に、材料すべてを入れて弱火で1時間ほど煮る。

 

途中で表面を覆うほどのアクが出たら取り除き、

ザルにペーパータオルをのせて漉す。

 

清潔な容器に移しいれ、冷蔵保存する。

1~2日で使い切るようにする。

 

☆トマトや野菜と煮込んで

ミネストローネにしてもおいしい。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー