栗原はるみのうら巻きずし かきたま汁のレシピ お祝い料理の作り方

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kuriharaharumi

 

2016年3月4日(金)、5日(土)の

NHKきょうの料理。

今月の栗原はるみの定番ごはんでは、

ご飯が外側にくるように巻く

「うら巻きずし」と、

巻きずしによく合うシンプルな

「かきたま汁」を紹介しました。

 

スポンサーリンク



 

3月はなにかとお祝い事の多い時季。

お寿司と汁もので、

いつもの食卓を華やかに演出しましょう。

 

 

うら巻きずし

 

材料(6本分)

 

米・・・400ml(カップ2)

 

すし酢

酢・・・カップ1/2

砂糖・・・大さじ2

塩・・・小さじ1

 

スダチのしぼり汁・・・1個分(大さじ1)

かにかまぼこ・・・9本

アボカド・・・1個

青じそ・・・11~14枚

姫きゅうり・・・6本

※1本10㎝程の小さいきゅうり。

手に入らない場合は普通のきゅうりを

縦4等分にする

 

焼き海苔(全形)・・・3枚

白ごま・・・適量

黒ゴマ・・・適量

おろしわさび・・・適量

 

マヨネーズ、しょうゆ

 

 

作り方

 

米はといでからザルに上げ、15分ほどおく。

炊飯器の内が真に入れ、

同量の水を加えて堅めに炊く。

 

すし酢をつくる。

ボウルに酢を入れて、

砂糖、塩を加えて溶けるまでよく混ぜる。

 

炊きたてのご飯にすし酢を加えて、

しゃもじできるように混ぜる。

仕上げに香りよくするため、

スダチのしぼり汁を加えてさらに混ぜる。

 

カニかまぼことアボカドのうら巻き寿司を作る。

アボカドは種と皮を除き、

8~10等分のくし形に切る。

 

青じそは5枚を縦半分に切り、

焼きのりは半分に切る。

オーブン用の紙を焼き海苔よりも

やや大きめに切る。

 

スポンサーリンク



 

巻きすにオーブン用の紙を敷き、

その上に焼き海苔をのせる。

すし飯の1/6量を焼き海苔の端まで平らに広げ、

海苔ごと裏返す。

 

焼き海苔のりの中心よりも少し手前側に

アボカドを1列に並べる。

半分に切った青じそ3~4枚を重ねて、

その上にマヨネーズ約小さじ1を

筋状に塗り、カニかまぼこ3本をのせる。

 

具をひと巻きし、

巻き終わりを下にして軽く押さえる。

 

オーブン用の紙を巻き込まないように持って

端まで巻いていく。

 

皿に白ごまを広げいれ、

巻きずしをゆっくりと転がして

白ごまをまんべんなくつける。

残り2本も同様につけていく。

 

次はきゅうりのうら巻きずしを作る。

先ほどと同様にして海苔の上に酢飯を広げたら

裏返し、焼き海苔の中心に青じそ(切らない)

2~3枚をのせ、姫きゅうり2本を並べてのせる。

端からはみ出たきゅうりは切っておく。

 

先ほどと同様に巻き、

こちらには黒ゴマをまんべんなくつける。

残り2本も同様に作る。

 

できあがったうら巻き寿司を

1本につきそれぞれ6等分に切り分ける。

まず、真ん中を切って、それぞれを3等分すると

きれいに切りやすい。

 

よく切れる包丁で、

時々包丁を清潔な塗れ布巾でふきながら切ると

切りやすい。

 

器に盛り、わさび、しょうゆ各適量を添える。

 

 

かきたま汁

 

材料(4人分)

 

卵・・・3個

 

だし

水・・・カップ6

昆布(10×5㎝)・・・1枚

削り節・・・30g

 

A

うす口しょうゆ・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/2

 

水溶き片栗粉

かたくり粉・・・小さじ1

水・・・小さじ2

 

 

作り方

 

昆布は固く絞ったぬれ布巾で表面をサッとふく。

鍋に分量の水を入れ、昆布を入れて

約30分間おく。

 

鍋を火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出す。

そのあと削り節を加えてひと煮立ちしたら火を止める。

しばらくおき、削り節が沈んでからこす。

 

卵は冷蔵庫から取り出して室温に戻す。

ボウルに卵を割り入れて、よく溶きほぐす。

 

水溶き片栗粉はよく溶いておく。

 

鍋に作っておいただし汁カップ4を入れて

火にかけ、Aを加える。

 

そのあとに水溶き片栗粉を加えて混ぜ、

ゆるくとろみをつける。

 

再び煮立ったら、溶き卵を細くまわし入れる。

玉杓子や菜箸でゆっくりと混ぜ、

火が通りすぎないうちに火を止めて

器に盛る。

 

卵をふわふわに仕上げるには、

汁にとろみをつけておく、

卵を細くまわし入れる、

火を通しすぎない、

のがうまく仕上げるコツです。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー