ピッツァ風リゾット カシーナカラミッラ岡野シェフのまかないレシピは本格の作り方を簡単に

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

2016年3月7日(月)放送の

フジテレビノンストップ。

NONSTOP!ESSEのコーナー

月曜日は行列シェフのまかない・家ごはん。

 

今日は「リストランテ カシーナ カラミッラ」

岡野健介シェフが

「ピッツァ風リゾット」の作り方を披露しました。

 

生米から作る本格リゾット。

今回はトマト、モッツァレラチーズやバジルを加えて

ピッツァ風に仕上げます。

 

スポンサーリンク



 

大人数分を作りやすいリゾットは

まかない向きという岡野シェフ。

家庭でもぜひ作ってみたいレシピ。

ソーセージやアンチョビを加えても

おいしいです。

 

バジルの葉が見た目を鮮やかにしてくれますね。

 

 

 

リストランテ カシーナ カラミッラ

 

2013年、中目黒にオープン。

ビエモンテの郷土料理をベースにした

岡野シェフオリジナルのイタリアンが人気。

料理教室も開催している。

 

電話番号

03-3715-4040

 

住所

東京都目黒区青葉台1-23-3

青葉台東和ビル2F

 

 

ピッツァ風リゾット

 

材料(2人分)

 

米・・・60g

オリーブオイル・・・少々

塩・・・ひとつまみ

 

白ワイン・・・大さじ1

湯・・・約2カップ

 

トマトピューレ・・・70g

※トマトピューレがないときは、

湯を330mlほど足したところで

トマト缶(ホール)140gをつぶして加え、

軽く煮詰める。

 

A

塩・・・ふたつまみ

パルミジャーノチーズ・・・3g

(粉チーズでもよい)

バター・・・少々

 

モッツアレラチーズ・・・30g

バジルの葉・・・適量

パルミジャーノチーズ(粉チーズ)・・・適量

 

スポンサーリンク



 

作り方

 

鍋にオリーブオイルを熱し、

米を洗わずにそのまま入れて

途中で塩をふりながら、

米が白くなるまで強火でよく炒める。

 

洗わないコメを強火でよく炒めることで、

特有の臭みが取れ、香ばしさが最後まで残る。

 

白ワインを加え、

アルコール分を飛ばすように炒める。

 

分量の水をひたひたの量まで少しずつ加え、

木べらで混ぜながら中火~弱火で加熱する。

 

木べらで絶えず混ぜ、

米の頭が出るくらいに水分が減ったら、

湯を足し、とろみがつくまで8分ほど煮る。

中心に芯が残る堅さになるまで繰り返す。

 

トマトピューレを加えて

ひと煮立ちしたら火を止め、

Aで調味したあと

手でちぎったモッツァレラチーズを加えて

軽く混ぜる。

 

器に盛り、ちぎったバジルをちらし、

パルミジャーノチーズをふる。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー