タコとチンゲン菜のにんにく風味のレシピ 中国風炒め物は材料の下準備をしっかりと

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年3月8日(火)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

今週のテーマは

ヘルシークッキング「タコとイカ」。

今日は中国料理の宮崎先生が

「タコとチンゲン菜のにんにく風味」

紹介しました。

 

スポンサーリンク



 

タコの甘さが際立ち、

しっかりとした味の中華風炒め物。

チンゲン菜のゆで加減も

おいしく仕上げるコツです。

 

タコとチンゲン菜のにんにく風味

 

材料(2人分)

 

ゆでだこ(足)・・・300g

チンゲン菜・・・1株

にんにく・・・1片

長ネギ・・・1/2本

黒こしょう・・・適量

 

A(チンゲン菜の下ゆで)

熱湯・・・300ml

塩・・・小さじ1と1/2

砂糖・・・小さじ1

油・・・小さじ2

 

B(炒め調味料)

紹興酒・・・小さじ2

しょうゆ・・・小さじ2/3

オイスターソース・・・小さじ2/3

砂糖・・・小さじ1/3

 

 

スポンサーリンク



 

作り方

 

1・材料を準備する

 

タコは足の先を切り落として、

4~5㎜厚さの少し大きめのそぎ切りにする。

 

チンゲン菜は葉と茎に分け、

葉は3㎝幅に切る。

茎は縦に7~8㎜幅の

斜め切りにする。

 

にんにくは薄切りにして、

一度水にくぐらせてから水分を拭き取る。

水に通しておくと、

炒めた時にくっつかない。

 

長ネギは縦半分に切り、

斜め4㎜幅に切る。

 

2・チンゲン菜をゆでる

 

Aを合わせてチンゲン菜を茎、

葉、の順に入れてゆで、取り出す。

葉はすぐに火が通るため、

後から入れてさっとゆでる程度にする。

 

3・炒める

 

鍋に油小さじ2、にんにくを入れ、

弱火で焦がさないように

薄く色づくまで炒める。

 

タコを加えて強火で炒め、

Bの紹興酒とチンゲン菜を入れて、

しょうゆ、オイスターソース、

砂糖を加えてさらに炒める。

 

炒めるときには手早くすること。

タコは温める程度に炒めるだけでよい。

 

最後に長ネギを加え、

皿に盛り付けた後で黒こしょうをふる。

 

 

中華風の炒め物は下準備がとても大事。

調味料も準備しておき、

手早く炒めあげるようにしましょう。

 

味をつけた湯でチンゲン菜を下ゆで

しておくと、

仕上がりがぽくな水っぽくなりません。

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー