鮭の焼き南蛮のレシピ 作り置きできるお弁当の強い味方の作り方

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年3月14日(月)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

今週のテーマは「お弁当のおかず」。

今日は日本料理の岡本先生が

「鮭の焼き南蛮」を紹介してくれました。

 

スポンサーリンク




 

焼いてから南蛮酢につけ込む焼き南蛮は、

通常の揚げてから漬ける南蛮とはまた違い、

アッサリと食べられます。

前日に作って、南蛮酢をたっぷりと吸わせて

翌日のお弁当のおかずにオススメです。

 

忙しいお母さんのお助けおかずですね。

 

 

鮭の焼き南蛮

 

材料(2人分)

 

生鮭・・・200g

れんこん・・・80g

タマネギ・・・1/2個

青ネギ・・・1本

しょうが(薄切り)・・・5g

 

南蛮酢

だし・・・250ml

酢・・・大さじ3と1/3

みりん・・・大さじ1と2/3

砂糖・・・大さじ1と1/2

うす口しょうゆ・・・大さじ1

醤油・・・大さじ2

 

塩、小麦粉、油

 

 

ポイント!

 

鮭は塩漬けでないもの、生鮭を使ってください。

 

南蛮酢は酢を加えたらひと煮立ちさせます。

 

具にもあらかじめ火を通しておきます。

 

南蛮酢が熱いうちに具をつけ込みます。

 

大人のお弁当に入れるときには、

つけ汁に唐辛子を入れても。

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・材料を準備する

 

お弁当に入れるため鮭は一口大に切り、

塩をふって薄く小麦粉をまぶす。

小麦粉をふるときれいな焼き色がつきます。

 

れんこんは小さめの乱切りに、

タマネギは繊維に沿って3㎜幅に、

青ネギは4cm長さに切る。

 

2・南蛮酢をつくる

 

南蛮酢の酢以外の材料を合わせて煮立て、

酢を加えてひと煮立ちさせてから火を止める。

そのあとでしょうがを加える。

 

3・具に火を通して漬ける

 

フライパンに油適量を熱し、

れんこんを中火で透明感が出るまで炒め、

そのあとでタマネギ、青ネギを加えて炒めて、

すぐにつけ汁につける。

 

鮭を中火で焼き、焼き色がついたら返し、

両面を香ばしく焼く。

熱いうちに具をつけてある南蛮酢につけ込み、

30分以上おいて味を含ませる。

 

30分ほどで味はつくが、

一晩以上つけておくとうまみが増して美味しい。

 

お弁当に入れるときには、

きんぴらごぼうや卵焼き、野菜などと一緒に。

 

 

通常「南蛮」とは、

ネギや赤唐辛子などを使ったものを言いますが、

ここでは子どものお弁当にも向くように、

赤唐辛子は抜いてあります。

大人のお弁当の場合は、

赤唐辛子を南蛮酢に入れると

ピリッと刺激があり、おいしくいただけます。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー