深川丼のレシピ 絶対失敗しない笠原流の作り方 たたききゅうりを添えて

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

2016年3月15日(火)放送の

フジテレビノンストップ。

今日のNONSTOP!ESSEエッセのコーナーは

笠原将弘のおかず道場。

 

春の丼、あさりを使った「深川丼」

賛否両論笠原流の作り方を

紹介してくれました。

 

深川丼とは、貝類と野菜を味噌ダシで

煮たものを卵でとじた、

江戸ならではの料理。

うま味の濃い、春のあさりを使います。

 

スポンサーリンク




 

深川丼をうまく仕上げるコツは、

あさりが固くならないように2回に分けて

加熱すること。

一緒に入れるネギやゴボウのだしも利かせて

ふっくらとコク深く仕上げます。

 

つけ合わせには「たたききゅうり」を。

 

 

深川丼

 

材料(4人分)

 

アサリ(殻つき)・・・400g

水・・・カップ2と1/2

酒・・・カップ1/2

昆布・・・5g

 

長ネギ・・・1本

ゴボウ・・・80g

ミツバ・・・5本

 

みそ・・・大さじ3

醤油・・・大さじ1

砂糖・・・大さじ1と1/2

 

卵・・・4個

焼き海苔・・・1枚

粉山椒・・・少々

 

 

作り方

 

材料の準備をする。

アサリは塩水につけて塩抜きし、

殻をこすり洗いしておく。

 

長ネギは斜め薄切りにし、

ゴボウはささがきに、

ミツバは3㎝の長さに切る。

 

洗ったアサリを水、酒、昆布とともに

鍋に入れて中火にかけ、

アサリに火を通しすぎないように

口が開いたらすぐに火から下ろす。

 

ザルなどでこし、煮汁は別にとっておく。

アサリは殻から身をはずす。

 

スポンサーリンク





鍋に、あさりの煮汁と長ネギ、ごぼうを入れ

アクをひきながら柔らかくなるまで

中火で煮る。

 

みそ、しょうゆ、砂糖を加えて調味し、

殻を取ったアサリの身を戻し入れて

サッと煮る。

 

溶きほぐした卵を鍋の中心から外側に向けて

円を描くようにれ、半熟状になったら火を止め、

ミツバを散らす。

 

あたたきごはんを盛ったどんぶりに

煮汁ごと等分してかけ、

ちぎった焼き海苔をちらし、

粉山椒少々をふって風味を効かせる。

 

 

たたきキュウリ

 

材料(4人分)

 

キュウリ・・・2本

塩・・・少々

ごま油・・・大さじ2

塩昆布・・・15g

白いりごま・・・大さじ1

一味唐辛子・・・ひとつまみ

 

 

作り方

 

キュウリは塩少しをまぶしていたずりし、

さっと洗う。

 

包丁の腹で数回たたいてヒビをいれ、

手でひと口大に割る。

 

ボウルにきゅうりを入れ、

ごま油、塩昆布、炒りごま、

一味唐辛子を加えてあえる。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー