キャベツと卵の焼きサンド 水分が出ないように春雨を入れる仰天ワザを伝授 お弁当にオススメメニュー

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年3月15日(火)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

今週のテーマは「お弁当のおかず」。

今日は西洋料理の小池先生が

「キャベツと卵の焼きサンド」を紹介してくれました。

 

サンドイッチをお弁当にするときには、

具材にひと工夫が必要です。

水分が出ない具材をどう入れるかが

悩みのタネですね。

今回は、具材のキャベツと玉ねぎを

あらかじめ炒めておき、

水分を飛ばしてから挟み込みます。

 

スポンサーリンク




 

また、春雨を入れるのも特徴。

具の余分な水分を吸う役目をします。

 

サンドイッチのフチには卵黄を塗り、

箸でしっかりと閉じるのも新鮮なアイデアです。

 

この方法を応用して、

いろんな具材を入れて

新学期からのお弁当の参考にしてみては

いかがでしょうか?

 

 

キャベツと卵の焼きサンド

 

材料(2人分)

 

食パン(サンドイッチ用)・・・8枚

卵黄・・・1個

キャベツ・・・60g

タマネギ・・・40g

ベーコン・・・2枚(40g)

 

春雨・・・10g

ゆで卵・・・1個

 

塩・・・小さじ1/3

バージンオリーブ油・・・大さじ1

マヨネーズ・・・大さじ1

コショウ・・・適量

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・具を作る

 

キャベツは少し短めのせん切りにし、

タマネギは繊維に沿って薄切りにする。

ベーコンは細切りにしておく。

 

春雨はねっっ等に4分つけて戻し、

ザルに上げて水けを切り、

はさみで適当な長さに切っておく。

 

ゆで卵は粗く刻む。

 

フライパンにバージンオリーブ油を熱し、

タマネギ、ベーコンを焦がさないように弱火で炒め、

キャベツ、塩を加えて

中火で水分を飛ばすように炒める。

 

ボウルに取出し、春雨とゆで卵、

マヨネーズ、コショウを混ぜる。

 

 

2・パンにはさむ

 

食パン4枚の周囲に卵黄を塗り、

4つとも中央に具材をのせて、

残りの食パンをかぶせ、

周囲を箸でしっかりと押さえてくっつける。

 

3・焼く

 

220℃のトースターで3分焼き、

好みの大きさに切り分ける。

 

春雨を入れることで、

具材の余分な水分を吸ってくれるので、

時間がたってもおいしくいただけます。

焼くときに、具材が出てこないように、

箸で押さえてくっつけるのも忘れずに。

 

前日に具材を作っておけば

朝、パンにはさんで焼くだけなので、

お弁当や、朝ごはんに最適なメニューですね。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー