バッファローウィングのレシピ 手羽中のピリ辛ソースがやみつきに

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年3月25日(金)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

今週はハーブとスパイスがテーマです。

 

今日は西洋料理の小池先生が、

ピリ辛ソースをからめる

「バッファローウィング」を紹介。

手羽中を素揚げして、

辛いソースを充分に絡めます。

 

スポンサーリンク





市販のソースでなく、

クミン、パプリカなどを使って、

オリジナルソースを作り上げます。

 

このソースはかなりな辛口。

この辛さがポイントのレシピです。

 

頭のてっぺんまで辛いけど、

夢中で食べてしまう、そんなおかずです。

 

 

バッファローウィング

 

材料(2人分)

 

手羽中(半分に切ったもの)・・・16本

レタス・・・40g

 

ソース

タマネギ・・・1/4個(30g)

クミンパウダー・・・小さじ1/2

パプリカパウダー・・・小さじ1/2

黒コショウパウダー・・・小さじ1/2

チリペッパー・・・小さじ1/4

ガーリックパウダー・・・小さじ1/4

タバスコ・・・少量

りんご酢・・・大さじ1

はちみつ・・・大さじ1

トマトケチャップ・・・小さじ1

 

塩、コショウ、油

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・材料の準備をする

 

手羽中は、骨が外れやすいように

片側の関節をキッチンはさみで切っておく。

 

ソースのタマネギはすりおろし、

レタスは5㎜幅に切る。

 

2・焼く

 

手羽中に塩、コショウをまぶし、

フライパンに多めの油を中火で熱して手羽中を入れ、

トングなどで転がしながら5分ほど火を通して、

全体にこんがりと焼き色を付いたら、

取出して油を切る。

 

3・ソースをからめる

 

フライパンに油が残っていたらふき取り、

ソースの材料を入れて混ぜながら中火で煮立てる。

 

その中に手羽中を入れて、

ソースの汁気がほぼなくなるまでからめる。

 

皿にレタスとともに盛り付ける。

 

 

バッファローとは、

アメリカのナイアガラの滝近くの町の名前。

タバスコやスパイスを使ったピリ辛のソースを

からめるのが特徴。

 

辛いのが苦手な方は、

チリペッパー、タバスコの量を調整して。

自分の味を発見してみてください。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー