鰆の照り焼きのレシピ 基本の照り焼きのたれで簡単にフライパンひとつの作り方

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年3月28日(月)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

今週のテーマはフライパンひとつで作るおかず。

簡単に手早く作れるおかずの特集です。

 

今日は、日本料理の岡本先生が

「サワラの照り焼き」を紹介。

魚特有の生臭さと取り除くコツを、

簡単ながら手抜きではない方法で

教えてくれました。

 

スポンサーリンク





合わせダレは、基本の照り焼きのレシピなので、

他の魚でも使えます。

 

忙しい中でも、こんなおかずを食べると、

気持ちがホッとあたたかくなりますね。

お弁当にも最適です。

 

 

鰆の照り焼き

 

材料(2人分)

 

さわら・・・4切れ(300g)

れんこん・・・60g

ししとう・・・4本

青ネギ(小口切り)・・・1本

粉ざんしょう・・・適量

 

たれ

酒・・・大さじ3

みりん・・・大さじ2

しょうゆ・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ1/2

 

しお、小麦粉、油

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・材料を準備する

 

さわらは半分に切って塩をふり、

15分ほどおく。

臭みが抜けたら一度さっと洗って

水気をふき取り、小麦粉を全体に薄くまぶす。

 

れんこんは皮をむいて1㎝厚さの半月切りにし、

薄く小麦粉をまぶす。

 

タレの材料を混ぜ合わせる。

 

2・焼く

 

フライパンに油適量を熱して

さわら、れんこん、ヘタを取ったししとうを

中火で焼く。

ししとうとれんこんは火が通ったら

いったん取り出す。

 

鰆だけが残ったフライパンに

熱湯を約100ml注ぎ、

落としぶたなどでサワラを押さえて

湯を捨てる。

この作業で生臭さや余分な油が落ち、

ふっくらと仕上がり、たれもよくからむ。

 

湯を捨てたら、合わせておいたタレを入れ、

れんこんを戻し入れて、

たれをからめながら煮詰める。

最後にししとうも戻し入れ、

汁気がほぼなくなるまでからめる。

 

皿に盛りつけてから

青ネギを散らして粉ざんしょうをふる。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー