鯛の香味蒸し 坂本昌行の作り方はフライパンひとつで簡単に 山椒じょうゆとごま油が決め手

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

2016年4月1日(金)放送の

フジテレビノンストップ。

金曜日のNONSTOP!ESSEエッセは

V6坂本昌行のOneDishです。

 

今日のレシピは

「タイの香味蒸し」

フライパンひとつで手軽に作る、

簡単な蒸しものです。

仕上げにかけるカンカンに熱したごま油が

いい仕事をしてくれます。

ピリッと辛くしびれる山椒じょうゆでいただきます。

 

スポンサーリンク




 

鯛の切り身は手に入れやすく、

それをフライパンで蒸すだけの時短料理です。

しかし、仕上げのごま油と山椒じょうゆが、

むずかしい料理のように装ってくれますよ。

 

 

鯛の香味蒸し

 

材料(2人分)

 

鯛(切り身)・・・2切れ

塩・・・適量

 

A

長ネギ(青い部分)・・・1本分

生姜(薄切り)・・・6枚

 

酒・・・大さじ2

赤ピーマン・・・1個

ごま油・・・1/3カップ

 

B

白髪ねぎ・・・1/2本分

針しょうが・・・30g

※切った後水にさらして水けを切る

 

香菜(あれば)・・・適量

 

C

しょうゆ・・・適量

粉ざんしょう・・・適量

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

鯛の切り身を2、3等分に切り、

両面に塩をふる。

 

少し深めの耐熱皿にAを敷き込み、

塩をふった鯛をのせて、

上から酒をふり、せん切りにしたピーマンをのせる。

 

フライパンに布巾などを敷いて湯を沸かし、

耐熱皿ごと入れる。

湯の量は皿の高さ半分くらいが目安。

フライパンにフタをして7~8分蒸す。

 

蒸している間に、

小鍋にごま油を入れて温めておく。

 

蒸しあがったら器に鯛、

鯛の上にピーマンを盛り、

ピーマンの上に水けを切ったBをのせる。

 

熱々にしたごま油を白髪ねぎの上からジュッとかけ、

あれば香菜を添える。

 

Cを合わせた山椒じょうゆを添えていただく。

 

鯛が手に入らないときには、

タラなど他の白身の魚でも同じようにできますよ♪

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー