サバのみそ煮 まかないレシピ玉木流は失敗知らずの仰天方法でつくる

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonsutoppu

 

2016年4月4日(月)放送の

フジテレビノンストップ。

ノンストップエッセのコーナーは、

月曜日の「行列シェフのまかない・家ごはん」。

 

今日は、

日本人に合うフランス料理を提供する大人気店、

銀座「玉木」の玉木裕シェフが登場。

「サバのみそ煮」を、よくある方法でなく、

アッと驚く方法で作る作り方を伝授してくれる。

 

スポンサーリンク




 

今まで何度作っても生臭くなったり、

味がしみてなかったり。。。

簡単なようでなかなか難しいサバのみそ煮。

玉木シェフの方法なら

誰でも失敗知らずで作ることができます。

 

こってりと香ばしくおいしいみそ煮。

ぜひチャレンジを。

 

玉木 店舗情報

 

電話番号

03-6252-9381

 

住所

東京都中央区銀座8-5-25

エイトビル1F

 

 

 

玉木流! サバのみそ煮

 

材料(2人分)

 

サバ(切り身)・・・2切れ

 

赤みそ・・・115g

塩、コショウ・・・適量

サラダ油・・・約50ml

水・・・2と1/2カップ

昆布(7、8cm角)・・・1枚

砂糖・・・大さじ1と1/2

しょうゆ・・・小さじ1

 

ご飯・・・適量

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

サバは一切れを半分に切り、

皮目に数か所切り目を入れる。

両面に塩、コショウをふり、

小麦粉をつけて粉をよく払う。

 

フライパンにサラダ油を熱し、

サバを皮目から入れて

キツネ色になるまで

表裏をじっくりと揚げ焼きにする。

お玉で油をまわしかけながら焼くとよい。

このひと手間でうま味を閉じ込める効果がある。

 

焼けたらペーパータオルにとっておく。

 

鍋に分量の水と昆布を入れて

火にかける。

沸騰したら昆布を除き、

砂糖と赤みそ1/3量を溶き入れる。

 

別の鍋に分量外の湯を沸かし、

揚げ焼きにしたサバを

さっとくぐらせて油抜きをする。

そのあと、みそを溶いた鍋に入れる。

 

アクを除きながら弱火で20分ほど煮る。

途中で残りの赤みそを数回に分けて溶き入れ、

最後にしょうゆを加えて混ぜる、

 

器に盛り、ご飯を添える。

 

ポイント!

 

最初に霜降りするのではなく、

揚げ焼きした後に沸騰した湯にくぐらせる。

このひと手間で

サバの臭み、えぐみ、余分な脂を取り除く。

臭みが全く気にならなくなる。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー