えびシュウマイのレシピ 手作りならではのプリプリ食感を楽しむ定番料理にチャレンジを!

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年4月5日(火)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

今週のテーマは「定番料理」です。

 

今日は中国料理の宮崎先生が、

「えびシュウマイ」の作り方を教えてくれました。

 

定番料理と言っても、

シュウマイを手作りするのは至難の業。

できあがったものを買ってきて

家で蒸すだけの方も多いのでは?

 

スポンサーリンク




 

難しそうですが、

包むときのコツさえつかめば、

簡単におうちでつくることができます。

手作りならではのプリプリの食感も楽しめますよ。

 

宮崎先生の作り方で

手作りシュウマイを楽しみましょう。

お忙しい方は、

お休みの日の比較的時間に余裕がある時に

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

えびシュウマイ

 

材料(2人分)

 

むきえび・・・200g

豚バラ肉(薄切り)・・・50g

長ネギ・・・1本

油・・・大さじ2

シュウマイの皮・・・12枚

 

A(あんの味付け)

塩・・・小さじ2/3

コショウ・・・適量

砂糖・・・小さじ1と1/3

しょうゆ・・・小さじ1/2

練りごま・・・小さじ1

粉山椒・・・小さじ1/3

かたくり粉・・・大さじ2/3

ごま油・・・小さじ1/2

 

塩、片栗粉、油

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・材料を用意する

 

むきえびは背ワタを取り、

塩、片栗粉、水各適量でもんで水で洗い、

水気をしっかり取って1㎝角に切って

包丁で軽くたたく。

 

えびは臭みがあるため、

よく揉んで汚れを出す作業は必須。

刻んでからたたいて少し粘りを出す。

 

豚バラ肉は2㎝幅に切る。

食感を出すため、ひき肉ではなく

バラ肉を使う。

 

長ネギは粗みじん切りにし、

分量の油でしんなりするまでいためて

冷ましておく。

 

2・あんをつくる

 

えび、豚肉にAの塩、コショウを加えて

粘りが出るまでしっかりと練る。

 

そのあと、砂糖、しょうゆ、練りごま、

粉ざんしょうを加えて混ぜ、

冷ましておいた長ネギ、片栗粉、ごま油を

混ぜ合わせる。

練りごまでコクをプラスする。

 

3・包んで蒸す

 

シュウマイの皮であんを包む。

皮にあんをのせて、

左手の親指と人差し指で輪を作り、

ギュッと握る。

 

皮とあんの間にスキマができないように、

盛り上がったあんを

スプーンの背やヘラなどでしっかりと押さえ、

シュウマイの口元(上になる部分)を

少しすぼめる形にする。

 

油を薄く塗った器に

上記が通りやすくするため

少し間隔をあけて並べて、

蒸気の上がった蒸し器で強火で6分蒸す。

 

蒸しあがったら皿ごと食卓へ。

お好みで酢醤油やしょうゆをつけていただく。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー