絶品ビーフカレーのレシピ ルーから手作りしイチゴジャムでコクを出すダントツの家庭の味

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年4月8日(金)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

きょうのレシピは

西洋料理小池先生が「絶品ビーフカレー」を紹介。

 

定番料理のカレーですが、

ルーから作るのはなかなか至難の業。

市販のルーでつくることの方が多いと思います。

 

小池先生の作り方は、

もちろん「ルー」から手作りで。

そんなに身構えることなく、

特殊な材料も使わずにできます。

 

コクだしの秘訣は、はちみつ、

りんご、イチゴジャムを入れること。

ジャム?と思うかもしれませんが、

これがいい仕事をしてくれます。

 

スポンサーリンク





ぜひ、ゆったりとした休日に、

夕食の為に午前中からコトコトと煮込んで

作ってみたいレシピです。

 

 

管理人から

 

料理好きな私は、今まで何度もルーからカレーを作ってみたりました。

しかし、なかなか思うような味にならず、

最後にできあがってから「アレ??」と言う事が

多く、いつの間にかルーからは作ることはなくなりました。

最近はもっぱら市販のルーを何種類か組み合わせて

チャチャッと仕上げることが多くなってましたが、

このレシピは「ぜひ作ってみたい!」と思いましたので

カテゴリー:保存版

にしておきます~。

 

 

絶品ビーフカレー

 

材料(4人分)

 

牛肩ロース肉(かたまり)・・・400g

タマネギ・・・400g

にんじん・・・50g

ニンニク・・・1片

バター・・・20g

水・・・50ml

小麦粉・・・大さじ3

カレー粉・・・大さじ2と1/2(20g)

ブイヨン・・・1.2L

 

A

しょうが・・・10g

りんご・・・1/2個(130g)

はちみつ・・・大さじ1

イチゴジャム・・・大さじ1

タイム・・・2枝

ローリエ・・・1枚

塩・・・小さじ2

 

ご飯・・・適量

福神漬け・・・適量

らっきょう漬け・・・適量

 

塩、コショウ、油

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・材料を準備する

 

牛肉は3㎝角の食べやすいサイズに切る。

 

タマネギ、ニンジン、にんにくはみじん切りに、

Aのしょうがは皮をむいてすりおろし、

りんごは皮ごとすりおろしておく。

 

2・野菜を炒める

 

鍋にバターを熱し、タマネギ、ニンジン、

ニンニク、塩ひとつまみを入れ、

弱火で色づくまで約15分間焦がさないように

じっくりと炒める。

 

3・牛肉を焼く

 

牛肉に塩、コショウをしてよくもみ込み、

フライパンに油適量を熱して

表面を強火で香ばしく焼き色をつけて取り出す。

 

フライパンの油を切って分量の水を入れ、

火にかけてうまみをこそげとり、

後で煮込むときに入れるためそのままおいておく。

 

4・煮る

 

タマネギなどを炒めている鍋に、

小麦粉を加えて弱火で1~2分炒め、

カレー粉を加えて軽く炒める。

小麦粉は粉気をとばすようにいため、

カレー粉を加えたあとも香りを出すため

サッと炒める。

 

カレー粉がなじんだら、

ブイヨンを少しずつ加えながら

溶きのばしていく。

一度にブイヨンを入れてしまわずに、

少し入れて溶きのばし、

また少し入れて溶きのばし、を繰り返して

ブイヨンの全量を加える。

 

そこに、焼き色を付けた牛肉と、

うま味をこそげ取った水、

Aを加えて、強火にして煮立てる。

煮立ったらアクをひき、

時々混ぜながら弱火で1時間煮込む。

 

程よく煮込めて来たら、最後に味見をし、

足りないようなら塩で調整するとよい。

 

ご飯とカレーを盛りつけ、

福神漬けとらっきょう漬けを添えていただく。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー