鶏みそ 賛否両論笠原さんのレシピでつくってみた

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0268

 

テレビや雑誌でおなじみ、

恵比寿の和食店 賛否両論の店主、

笠原将弘さんの「鶏みそ」を作ってみました。

 

今は亡きお父様が武蔵小山で焼き鳥店を営んでいたころ、

よく作られていたものだそうです。

笠原さんも子どものころから

いつも食べていたといいます。

 

スポンサーリンク


 

一度、レシピの1/3量で作ってみたのですが

ものすごく美味だったので、

今日は全量で作りました。

 

IMG_0268

 

 

信州味噌がなかったため、

通常の田舎みそで代用。

塩分が信州みそよりは少ないと思い、

その分少し塩を入れました。

 

また、鶏ももひき肉やゴボウ、

シイタケもレシピよりも多めに使いました。

 

粉山椒はお好みでいいと思いますが、

小さい子どもさんがいなければ、

多めに入れた方がおいしいかも。

 

白いご飯によくあいますし、

お弁当のスキマに、

鮮やかな色の紙カップに入れて、

ちょこんと入れるのもオススメ。

 

冷蔵庫で2週間ほど日持ちするので、

とても重宝します。

ナスの炒めものに入れたり、

厚揚げやお豆腐にのせてもとてもおいしいですよ♪

 

一味唐辛子を加えてもおいしいかもしれませんね。

 

このホーロー容器に保存しています。

2週間ほどは余裕で日持ちしますよ。

 

野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M

新品価格
¥1,730から
(2016/4/26 18:10時点)

鶏みそ

 

材料(作りやすい分量)

 

鶏ももひき肉・・・200g

ゴボウ・・・100g

シイタケ・・・3個

白ごま・・・大さじ2

粉山椒・・・少々

サラダ油・・・大さじ2

 

A

信州みそ・・・150g

赤みそ(八丁味噌)・・・50g

卵黄・・・3個分

砂糖・・・120g

酒・・・100ml

 

スポンサーリンク


 

作り方

 

Aはボウルなどにすべて入れて、

味噌がなめらかになるまでよく混ぜておく。

 

ゴボウは水にさらさずに2~3㎜角のみじん切りにする。

シイタケは石づきを落として、

笠の部分、軸の部分それぞれ2~3㎜角のみじん切りにする。

 

フライパンにサラダ油を熱して

小さく切ったごぼうとしいたけを中火で炒める。

火が通って香りが立ってきたら

鶏ひき肉を加えて、ほぐしながらさらに炒め合わせる。

焼きつけるように炒めた方がいい感じ。

 

全体に火が通ったら混ぜ合わせたAを加え、

弱火で練りながら火を入れる。

焦げつきやすいため、混ぜ続けるようにする。

ぽてっとして、ヘラで混ぜた時に

フライパンの底にヘラの跡がきっちりと

残るくらいまで火を通しながら練る。

 

火を止めて、

白ごまと粉山椒を入れ、

全体を混ぜ合わせる。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー