春の炊き込みごはんのレシピ タケノコとえんどう豆と桜えびで季節の味を楽しむ

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年4月11日(月)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

 

今週は春の野菜をテーマに放送します。

今日は日本料理の岡本先生が、

「春の炊き込みごはん」を紹介。

 

タケノコご飯と豆ごはんが一度に楽しめ、

桜えびで香りとうまみをプラスします。

また、具材を一度炒めておくのも特徴。

うま味が一段と濃縮され、

香りもより引き立ちます。

 

スポンサーリンク





いつもの炊き込みごはんとは

ひとあじ違う炊き込みごはんで、

新鮮な春の季節を思う存分味わってみて。

 

 

春の炊き込みごはん

 

材料(2~3人分)

 

ゆでたけのこ・・・150g

グリンピース(さや入り)・・・100g

桜えび・・・10g

木の芽・・・4枚

油揚げ・・・1/2枚

米・・・2合

 

合わせだし

ダシ・・・450ml

みりん・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/2

うす口しょうゆ・・・大さじ1と1/3

 

 

スポンサーリンク




 

作り方

 

1・具を準備する

 

タケノコの穂先は3㎝長さ、3㎜厚さの短冊切りに、

根元は5㎜厚さのいちょう切りにする。

穂先と根元で切り方を変えるのがコツ。

かたい根元はいちょう切りに。

 

グリンピース(えんどう豆)は

さやから取出しておく。

油揚げは米と混ざるようにみじん切りにする。

 

2・炊く

 

合わせだしは味が均一になるように

ボウルなどで材料を先に合わせておき、

炊飯器に洗ったコメ、油揚げを入れて

合わせだしを加える。

 

フライパンに油少量を熱し、

桜えびを中火でカリカリになるまで炒め、

タケノコ、グリンピースを加えて

サッと炒める。

油揚げ以外の具材は一度軽く火を通すことで、

コクを引き出す。

 

炒めた具材を

米と合わせだしを入れた炊飯器に加え、炊飯する。

 

炊き上がったら炊飯器の底から

炊き込みご飯を混ぜて、

盛り付けた後に木の芽をのせる。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー