えんどうと海老の炒めもののレシピ グリンピースをシワにならないように仕上げるコツ

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oshaberikukkingu

 

2016年4月12日(火)放送の

テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

今日は中国料理の宮崎先生が

「えんどうと海老の炒めもの」を紹介しました。

 

塩味のシンプルな炒めもの。

素材の味を活かし、うま味を存分に堪能します。

きれいに仕上げるコツは、

グリンピースをゆでたあとの冷まし方。

 

スポンサーリンク





いきなり温度を下げず、

レシピ通りにゆっくりと冷ますことで

きれいにふっくらと仕上がります。

 

ほんの少しのことで見た目がグンとアップするので

ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

 

えんどうと海老の炒めもの

 

材料(2人分)

 

グリンピース(さや入り)・・・200g

むきえび・・・20尾(150g)

長ネギ・・・1本

生姜(薄切り)・・・5g

 

A(えびの下味)

塩・・・ひとつまみ

コショウ・・・適量

紹興酒・・・小さじ1/2

かたくり粉・・・小さじ1/2

 

合わせ調味料

紹興酒・・・小さじ1と1/2

水・・・小さじ1

塩・・・小さじ1/4

砂糖・・・小さじ1/3

かたくり粉・・・小さじ1/5

ごま油・・・小さじ1/2

 

塩、片栗粉、油

 

 

作り方

 

1・材料と調味料を準備する

 

えびは背ワタを取り、塩、片栗粉、

水各適量を加えてもんで洗い、

汚れを流水で洗い流した後

水分をしっかりふき取る。

 

背ワタを取る時には

えびを曲げて頭の部分から2節目の関節に

竹串を刺して抜き取るとよい。

 

えびの背に切り込みを入れ、

Aの塩、コショウ、紹興酒を加えてもみ込んだあとで

かたくり粉を混ぜる。

 

合わせ調味料を混ぜ合わせておく。

紹興酒、水、塩、砂糖を混ぜ合わせたあと、

かたくり粉とごま油を混ぜる。

 

スポンサーリンク




 

2・グリンピースをゆでる

 

グリンピースはさやから取り出して

指で挟んですぐにつぶれるくらいまで塩ゆでし、

流れないように落としぶたをして

流水を少しずつ加えて冷ます。

冷水の中に落としたり、

直接水を当てるとしわがよるため、

ゆっくりと冷ますこと。

 

3・炒める

 

青ネギは1㎝長さの斜め切りにし、

青い部分と白い部分に分ける。

 

鍋に油適量を熱し、

えびに中火で火を通して取り出す。

あまり炒めすぎると固くなるため、

両面が赤く色づいてきたらとりだす。

 

同じ鍋に油を足し、

青ネギの白い部分としょうが、

グリンピースの順に入れ、中火で炒める。

 

えびを戻し入れて強火にし、

合わせ調味料、青ネギの青い部分を加える。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
人気の投稿とページ
カテゴリー